DJぴょんきちのMusicLabo

通勤途中などの、電車の中や車の中。ちょっとした気分転換に”DJぴょんきちRemix”はいががでしょ?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回の続編です。

前回は「i-pod」結構すごい!ってお話をしました。
が、誤解の無い様に言っておきますが・・・
あくまでも「インナーイヤー系」限定のお話でして
この辺をもう少し突き詰めるにはきっと
「Apple In-Ear Headphone」を購入する必要があると考えています。
これは近日購入予定ですので、ご期待ください。
(これは期待しております!)
→なぜならば片耳に2つのドライバーが内臓されているという
今までのハイエンドインナーイヤーヘッドホンに見られた
構造?仕組み?を格安で提供してくれているからですね。
見たことある方もいらっしゃるでしょう?
電気屋さんの視聴コーナーで1万以下のヘッドホンにまぎれて
5万、3万ってするインナーイヤータイプのヘッドホン・・・

という事で、現段階では
電車もしくは移動中に聴くモノと
家で本気で聴く場合と異なるヘッドホンを使用しております。
(家ではデカイやつね)

でこの2つの比較では、残念ながら圧倒的に
デカくて耳をすっぽり包んでくれるモノにはかないません。
(俗に密閉型という類のモノ・・・厳密に言うと、きりが無いので詳細は割愛)

確かに有名どころである「BOSE」とかは「よいですよね。
と言うか、私見の域をでませんが
「1万超えたらあとは好み」って考えています。
聞き比べると分かるのですが、
明らかに「音の出方」が違うのです。
という事で、その音の出方が好きか?
とか、耳への当り具合はどうだとか?
軽いとか重いとか・・・
いろいろな要素が決定要素になってきますね。

とまあ、ハード的要素はこれくらいにして、
ここから先が本題!!!

作った本人だから分かるのですが
普段、ぴょんきちから発信している音源を聞く場面って
多くの場合はMP3プレーヤー+カナル型含むインナーイヤータイプ
で聴かれていると思います。
また車の中で聞かれているか、家事の合間とか、仕事の合間とかで
スピーカーを通して
という方でほぼ網羅できると思いますが
「充分な音量」で聞かれている」方が何人いるかな~と疑問となりました。

それはある日、自身の作品を電車で聴いていたときに
「あれ?ここって・・・音入ってなかったっけ?」
と疑問に思ったことがありました。

これは制作サイドの問題なんですが・・・
音量が小さいと「全ての音が聞こえていない」状況が
ありまして、
今までも車の中とかで「チャンチャン」鳴らして
ずっぽり聴いてない環境はありましたが
あまり気にならなかったのです・・・

通勤途中とかで電車内ですと「ナカナカ大きな音量では・・・」と
いう方が多いのではと思いました。
私もその一人でした。
また、それは日々のことですので、ほぼ同一音量で聞いてますよね?

そうすると、もしかしたら「本来のリミックスの音」の全てを聴いていない
可能性が考えられます。

もし周囲の環境が許し、更に、耳の調子が良いときには
少しだけ音量を上げていただくと、また違う音が聞こえてくる可能性があります。

それそれで、”そんな楽しみ方もあり”と考えていますので
思い当たる方は、是非一度、お試しください。

スポンサーサイト
テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽
久しぶりの更新ですが、作品の事で無く
少し、音質とか音量とかに触れてみたいと思いまして・・・

実は、先日「i-pod」を入手しまして、
びっくりしております。

それはですね・・・
音質にです。

そもそも過去より
(それこそウォークマンの時代から・・・)
本体付属のヘッドホンは使わない主義で
これはいけない先入観なんですが、
「おまけでしょ?」
的感覚でおりました。

そういう固定概念があるために
付属ヘッドホンに”操作系”のついているものは
必然的に除外することとなっていました。

また時計や他の身につけるものでも一緒なのですが
「時計は時計屋が作ったものじゃないとね~
宝飾メーカーの時計なんて・・・」
とか、
「皮製品はやっぱ皮専門でしょ!」
というこだわりがあります。

因みに時計はSEIKO
財布は土屋カバン
ベルトはコーチ
PCはIBM
・・・
って感じです。

故にヘッドホンも
今まではオーディオテクニカとか
SONYとかね
そういう”古い固定概念”がありました。

今回、ひょんなことから
「i-pod」を入手し(購入してません)
使って見たところ・・・
音が良いのでびっくりでした。

ん~アップルおそるべしv


と同時に、”こだわり”は世間を狭くするな~
とも思いまして・・・

少しだけ見方を換えないといけないと
思っている今日この頃でございます。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。